働きながら理学療法士の勉強ができる|夜間学校に通おう

技術も資格も手に入る

ドクター

大阪医専大学は完全担任制や専攻制を採用、現場同様の設備を導入するなどして、現場で活躍できる医療人を育てることに重きを置いています。また、独自の資格取得システムを設けており、無料で補講が受けることもできます。こうした制度により、高い就職率を実現しています。

もっと見る

東洋医学を学ぶ

学生

医療の現場では東洋医学も取り入れられており、確立された医療として受け入れられています。さらに研究も進んでおり、活躍できるところも多くあるのです。専門学校の説明会や体験入学などを活用して、ご自身にとって学びやすい、通いやすい専門学校を見つけましょう。そして医療に貢献できるようにしましょう。

もっと見る

活躍の可能性と在学年数

勉強

医療に関わる免許の取得のために大学に行くことはよくありますが、6年制の医学部や薬学部を選ぶと責任が重い一方でやりがいのある医師や薬剤師になれるのが特徴です。4年制の薬学部を選んでも医薬品に関わる仕事に就けるだけでなく、進学により資格の取得も目指せます。

もっと見る

全国に学校があります

レディ

4年間じっくり学びます

リハビリの専門家として注目されている理学療法士。中には一度社会人を経験してから理学療法士を目指す人も少なくありません。理学療法士になるためには、指定された養成機関を卒業してから国家試験を受験して合格しなければなりません。働きながら理学療法士を目指すのはとても大変ですが、夜間部のある専門学校に通いながら勉強すれば資格を取得することは可能です。全国には夜間部併設の専門学校が設立されていますが、4年制の学校がほとんどです。夜間である以上1日の授業時間に限りがあり、その分4年間じっくり学ぶ必要があることから継続し続ける意志の強さが大切です。しかしモチベーションが高い仲間たちと学べるので、切磋琢磨できるメリットもあります。

アルバイトしながら学ぶ

全国には理学療法士になるための専門学校がありますが、中には夜間部が併設されている養成機関も少なくありません。特に東京や大阪や福岡といった都市部に夜間部併設の専門学校が集まっています。これらの学校は4年制を採用しているところが多く、働きながらじっくり学べるカリキュラムとなっています。昼間に医療系の仕事に携われば夜間に行われる勉強の理解度が進むということで、リハビリ助手のアルバイトを紹介してくれる学校もあります。昼間にリハビリ助手のアルバイトを経験することで、現場の様子が分かるので実習授業にも大いに役立つメリットがあります。更に先輩の理学療法士から、実習についての具体的なアドバイスももらえるのでとても参考になります。