活躍の可能性と在学年数|働きながら理学療法士の勉強ができる|夜間学校に通おう

働きながら理学療法士の勉強ができる|夜間学校に通おう

活躍の可能性と在学年数

勉強

6年制と4年制

医療に関わる免許を取得するために大学に進学すると、国家試験の受験資格を手に入れるために教育課程を修了しなければなりません。多くの大学の諸学部では4年制のシステムになっていますが、医療の場合には6年制が敷かれている場合もあるのが特徴です。医師と薬剤師の免許を取得するための教育課程では6年制になっていて、より多くの教育を受ける必要があります。医療現場で中心的な役割を果たすのは医師であり、仕事としてもやりがいがあるでしょう。一方で医療でも最も責任が重い仕事だからこそ学ばなければならない内容が多いのです。薬剤師も治療に用いる医薬品に対する責任が重い一方で、正しく調剤を行えることが患者の治療につながるため、活躍の可能性が高くなっています。

4年制を選ぶメリット

大学の医学部や薬学部では基本的には6年制の課程に進学しなければ医師や薬剤師の資格は取得できません。しかし、特に薬学部には4年制の課程も併設されていることがよくあり、あえて4年制を選んで医療に関わる道を歩むのにもメリットがあります。4年制を選んで大学を卒業すると医薬品のプロフェッショナルとして製薬メーカーなどで働いて医療に貢献していくことが可能です。また、薬剤師になりたいと考えたときには大学院に進学して修士を取得すると国家試験の受験資格を得られる措置が取られています。医療に関わる方法として必ずしも薬剤師にこだわらないけれど医薬品に関わる仕事をしたいという場合には4年制を選ぶのにメリットがあるのです。